犬の食事を手作り食に変えた方がいい本当の理由

ドライフード

「最近、よく犬の手作り食の話も
聞くようになったけど、本当に
手作り食いいのかな?」

「ドッグフードと結局
どっちがいいのかな?」

「手作り食でよくなった話も
時々聞くけど、本当に大丈夫
なのかな?」

そんな声を聞くようになりました。
そして、

「忙しいから、できるかどうか
不安・・・前にやったことあるけど、
続かなかったんです。」

という声も、よく聞きます。

「毎日忙しくしているので、作る時間があるか不安です。」

個別相談でお伝えしている、
「よくある質問」から、1つ、
紹介しますね。

Q:「毎日忙しくしているので、
作る時間があるか不安です。

A:「受講生さんも、みなさん
お仕事やご家族のことなどで
忙しくされています。

リアルドッグ栄養セラピーの
レシピは、カンタン10分でできる
ベーシックレシピが基本に
なっていますので、誰でも
続けられます。

いろいろな工夫により、
小型犬2頭分くらいであれば、
5分で準備することも可能に
なりますし、作り置きもできます。」

ということで、公式的には、
「10分で作れます。」と
お伝えしているのですが、
5分で準備する工夫をされた
Iさんの、講座受講のご感想も、
合わせて紹介しますね。

受講のご感想:「栄養セラピー食は奇跡のわんこ飯」

ペット関連の専門職に
従事する中で、悲しいお別れも、
いくつか経験しました。

「もっとできることはなかったかな…」
と後悔することもありました。

後悔が原動力となり、
シニア犬介護の学校に通い
介助方法や、リハビリなどを
学んだりもしました。

でも、大切なのは、
歳を重ねても介護が
必要ではない体を、
日々の生活の中で
作っていくことだと
強く思っています。

それには、「運動」や
「ストレスケア」に並び、
絶対に「食事」が
欠かせませんよね。

しかし、
犬の食事については、
ネットや本などの情報が
バラバラすぎて
何を信じたら良いのか
途方に暮れる日々でした。

そんな折、
幸運にも木原とも子先生の
『リアルドッグ栄養セラピー』
と出会ったのです!!

とも子先生のお人柄や
研究熱心な姿勢に惹かれ、
先生の下で犬の栄養学を
勉強したい!

と思い、昨年5月に
入会させて頂きました。

リアルドッグ栄養セラピーの
食事のおかげで、
愛犬の伽羅(きゃら)は
シニア犬とは思えないほど
毎日元気いっぱい食欲も旺盛です!

赤みを帯びていた
耳のグジュグジュも改善し、
早朝嘔吐も全くしなくなりました。

栄養セラピー食は、
奇跡のわんこ飯だ!と、
感じています ^^

歴代の愛犬も、
このご飯を食べていたら
もっと楽しい犬生を
送らせてあげれたのになと、
しみじみ思います。

犬の食事を手作り食に変えた方がいい本当の理由

新リリース!

メール講座読者のみに
公開した、他のどこにも書いていない、
手作り食にした方がいい
本当の理由を書いた電子小冊子を、
特別公開しています。

▼クリック

タイトルとURLをコピーしました