食欲がない子に、食事療法はできません・・・

嘔吐

基本的には、
「食欲がない子は、
食事療法は難しいです。
食欲があるうちに来てください。」

と、申し上げています。
だってそうですよね・・・?
食欲がないのに、どうやって
食事を食べさせることで
治療をする
のでしょう・・・

食欲がない子への対応について

個別相談会での、
たった1回のカウンセリングで、
その夜のうちにレシピを
お試しいただき、

びっくりするほどの
食欲を見せてくれた
わんちゃんがいました。

食事を全然食べなくて、
一体何を食べさせたら
いいのやら・・・

と、途方に暮れた
飼い主さんが、ご相談に
来ていただいたのが、

たった1回のレシピ提案で、
久しぶりにガツガツ食べてくれた。
こんなにうれしいことは
ありません。

ですが、基本的には、
「食欲がない子は、
食事療法は難しいです。
食欲があるうちに来てください。」

と、申し上げています。
だってそうですよね・・・?
食欲がないのに、どうやって
食事を食べさせることで
治療をするのでしょう・・・

無理・・・ですよね。
食べないのを無理やり
食べさせる
、というようなことは、
私は好みません。

食欲がない子の反応にはパターンがある

それでも、実際は、
食欲がない・・・
おまけに下痢をしている・・・
嘔吐が毎日ある・・・

そんな子がご相談に来られて、
どうしても、
なんとかしたいからと、
リアルドッグ栄養セラピーを
受講されます。

そのような子は、
今まで食べなかった子が、
いきなりガツガツ食べだすことも、
多々ありますが、

少し苦労して、食べる物を
探りながら進めていく子
います。

どちらにしても、
最終的には嘔吐や下痢が治まり、
食欲も出てきます

そういう子には、
パターンがあるように思います。

パターンごとの経過のヒント

【パターン1】
慢性的に、下痢が続いている子

とにかく何カ月も
下痢をしている子です。

リアルドッグ栄養セラピーで、
1週間ぐらいで
下痢をしなくなる子が多いです。

ー------------

【パターン2】
1週間に1回~毎日、嘔吐がある子

下痢より少しやっかいです。
食事を食べさせることで、
嘔吐を治すって、
イメージしにくいですよね?

ですが、この場合でも、
徐々によくなります。
やっていくうちに、
いつの間にか
吐かなくなっていた
ということが多いです。

ー-------------

【パターン3】
食欲にムラがあり、嘔吐・下痢を
しやすい子

いちばんふんわりとした症状で、
病気なのか、好き嫌いなのか、
あまり食に興味がないのか、
という感じで、飼い主さんも
悩まれます。

ですが、こういう子こそ、
ご相談に来ていただき、
栄養セラピーを受けていただくと、

「やっぱり本当の姿では
なかったんだ・・・」
ということに、気付きます。

栄養セラピーを受けることで、
食事を心待ちにするように
なるからです。

この姿には、本当に感動される
飼い主さんが多いです。

ここまで、
食欲がないときに、
リアルドッグ栄養セラピーを
受けられるかどうかの
ヒントを、お伝えしてきました。

胃腸の問題だけなら、
なんとかなりそうですね。

ですが、重症化した病気で、
すでに食欲不振に陥って
しまっている子の場合は、
食べてくれるかどうか、
というところから、
わからない・・・と
いうことになります。

なので、食欲がある、
元気なうちに、胃腸の問題や、
その他の重大な病気が
突然、起こる前に、
食事を整えておくと、
いいのではないかな、と
私は思います。

タイトルとURLをコピーしました