膵炎の原因は「高脂肪食」の矛盾

嘔吐

そもそもドッグフードは、
どれも高脂肪食ではありません。

ドッグフードよりずっと高脂肪の
手作り食で、膵炎の治療と
再発予防に成功しています。

膵炎の原因は高脂肪食ではありません。

膵炎の原因は、高脂肪食ではない
思っています。

なぜなら、そもそも
犬に本当に必要な食事中の
脂質カロリー割合は
44%ですが、

ドッグフードの平均的な
脂質割合は20%ほどですから、
ドッグフードはどれも
「低脂肪」
です。

ドッグフード自体は低脂肪なのに、
ドッグフードを食べている子が
膵炎に苦しんでいます。

お薬と、それまでよりさらに
低脂肪の療法食のドッグフードで
治療をして、一時的によくなっても、
また膵炎が再発することも、
少なくありません。

本当の原因にアプローチできて
いないからです。

膵炎の本当の原因とは・・・

膵炎の本当の原因は、

1,ドッグフードの炭水化物の多さ
2,ドッグフードの脂質の粗悪さ
3,栄養的な問題により、
ストレスを感じやすい状態
なっていること

4,それにより、免疫バランスが崩れ、
炎症が起きやすい
体になっている
5,ドッグフードの常食により、
血流が悪いこと

これらのことが重なり、
膵炎が引き起こされていると
考えています。

実際に、膵炎になったわんちゃん
食べていた食事の脂質カロリー割合は、

くんちゃん:脂質14%
ランちゃん:脂質35%
ベルちゃん:脂質21%

リアルドッグ栄養セラピーで
慢性膵炎から復活して、
完食・嘔吐なし!
のココちゃんの
食事は、脂質44%です。

膵炎にならないために

つまり、ドッグフードにより、
複数の原因で膵炎が引き起こされて
います。

膵炎の原因は、そんなに単純な
ものではないし、ドッグフードを
食べている限り、それが
療法食だとしても、

何度も再発し、そのたびに
悪化していくこともあります。

「栄養バランスのとれた手作り食」
を、専門家のサポートのもとで、
自信をもって作ること
で、

繰り返す膵炎の根本的な
治療を行うことができる

と、私は考えています。

まとめ

膵炎の原因は「高脂肪食」だと
一般的に思われていますが、
実際にはそうではありません。

ドッグフードによる引き起こされる
複数の影響が合わさって、
膵炎の原因になっています。

愛犬に合った栄養バランスの
手作り食を専門家のもとで学べば、
膵炎になることも、再発することも、
防ぐことができます。

タイトルとURLをコピーしました