アレルギーのわんちゃんのためのシンプルごはん

皮膚の痒みや脱毛・赤みなど

「アレルギーがあるわんちゃんの
ドッグフードの選び方」
そして、
「アレルギーがあるわんちゃんの
手作り食」

について、なるべくわかりやすく
まとめました。

獣医師サポートのもとで、
アレルギーでもごはんを楽しむ!

そしてずっと元気に過ごせる喜びを、
イメージしていただけたらうれしいです。

アレルギーが疑われる皮膚炎や胃腸炎

☑皮膚病の場合、痒みが強い。
☑ステロイド治療で改善する。
☑年々、徐々に悪化する。

これらは、
特に皮膚や耳に赤みや痒みが出る
アレルギー性の皮膚炎の特徴です。
下痢や嘔吐が起こる胃腸炎に関しても、
ステロイド治療を行うことが
多いと思います。

動物病院では、
他の皮膚炎を起こす病気について
いろいろと検査をしたり治療をしたりした後で、
症状の特徴から「アレルギーの可能性が高い」
と仮診断されます。

フードを変えることで、
改善することもあり、その場合は、
「食事を変えたらよくなったので、
食事が原因だ」ということになり、
アレルギーだと思われることが
多くなります。

実際には、アレルギーではなく、
複雑な原因で皮膚炎が起こっている場合
でも、
フードの変更でよくなることがあります。

また、フードを変える前や、変えた後に、
アレルギーの抗体検査(血液検査)が
行われることもありますが、
この血液検査で、アレルギーの確定診断は
できません。

フードを変えたらよくなった
という場合でも、アレルギーだと
確定診断することはできません。

フードが原因で
皮膚炎や胃腸炎が起こる時に多いのは、
アレルギーではなくても、
フードの成分に反応して
症状が出ている場合です。

アレルギーが疑われたときのフード選び

動物病院から勧められたフードを食べさせて、
症状がよくなるなら、
それでもいいでしょう。

もし、飼い主さんがご自身で
フードを選ぶ場合は、
通常のフードの評価方法に従って、
原材料がなるべくいいものを選びます。

やはり高価なフードは、
それだけいい原材料を使っていますので、
フードの値段は、一つの指標になります。

動物病院で勧められるフードで
症状がよくなるのは、この、
フードの質の部分が大きいと
考えています。

時々、飼い主さんのわんちゃんの
病歴をチェックしていると、
アレルギーの血液検査で陽性の出た
食材が入っているフードを食べていても、
症状がよくなっていることがあります。

これは、その食材が
原因になっているのではなく、
フードの質の悪さが原因になっていたと
とらえます。

アレルギーが疑われる症状の本当の原因

アレルギーというのは、
通常は毒性のないある特定の成分に対して
体の免疫反応が働いて、
炎症が起こる病気です。

私は、犬のアレルギーが疑われるような
症状に対して、アレルギーの治療の前に、
考えなければならないことがあると
考えています。

1、ドッグフードに含まれる、変性栄養素

★ドッグフードは、高度な加工食品です。
栄養素は加工によって変性し、
毒性を持つようになります。

加工により発生した成分により、
皮膚や胃腸の炎症が起こります。

2、ドッグフードの栄養バランス

★ドッグフードは、
犬の体のしくみから考えて
本当に必要な栄養バランスに
なっていません。

タンパク質と脂質が少なすぎ、
炭水化物が多すぎます。
皮膚も、胃腸などの内臓も、
材料はタンパク質や脂質です。

炭水化物からタンパク質を作れない
わんちゃんは、ドッグフードに
タンパク質や脂質が足りないために、
皮膚や胃腸の材料が不足
しています。

皮膚や胃腸がきちんと作られないので、
弱くなっているのです。

また、ドッグフードに炭水化物が
多すぎることで、皮膚や胃腸に
炎症
が起こります。

これらのことから、加工食品である
ドッグフードをやめて、
新鮮な食材で作った手作り食を
食べさせることにより、

皮膚炎や胃腸炎が改善することが
多くあります。

また、ただ手作り食にする
というのではなく、栄養バランスの整った
手作り食にすることで、

皮膚や胃腸の状態を整えると同時に、
それ以外の病気にならないように
しなければなりません。

アレルギーのわんちゃんのための食事作りの注意点

皮膚炎や胃腸炎を繰り返すわんちゃんは、
今、下痢や嘔吐がなくても、
胃腸が弱っている
状態にあります。

そのため、
今までドッグフードを食べていた子に、
急に手作り食を与えると、
弱った胃腸がびっくりして、
下痢や嘔吐が起こります。

これは、
手作り食が合わないのではなくて、
ドッグフードが体に合っていないために、
胃腸が弱っているせいです。

急に食事内容を変えようとすると、
嘔吐や下痢、中には、皮膚の強い痒みが
起こることもあります。

もし、このようなことが起こったら、
初期段階では、その食材は
使わないようにします。

アレルギーと言われている、
皮膚炎や胃腸炎があるわんちゃんは、
普通よりも、慎重な対応が必要です。

だけど初期段階さえクリアすれば、
おいしく手作り食が食べられるようになって
ごはんを楽しめるようになり、

他の内臓の病気も最大限に予防して、
長生きできるようになりますから、
がんばってください。

ここまで、
「アレルギーかもしれない」
と思った時の考え方、
フードとの関連について、
お伝えしてきました。

具体的な、
手作り食の始め方
を、
電子小冊子に記載しています。

興味のある方は、
無料でダウンロードできますので、
メール講座に登録して、
ダウンロードしてみてくださいね。

『アレルギーのわんちゃんのための
シンプルごはん~選び方と作り方~』

ダウンロードはこちら▼
https://www.agentmail.jp/lp/r/5269/63969/

タイトルとURLをコピーしました